2010年01月19日

数学

私は今日、「 sin45°」がいくつになるのかで悩みました。

三角比・・ってやつですよね?



高校2年生の時に習いました。
ちなみに私は普通科でもなく、私立の学校でもなかったです。

私のクラスでは、数学が苦手な子が多くいました。

みんなの数学に苦しむ声を聞いていた先生は、高校2年生のある時から、算数を教えてくれるようになりました。

その時、数学のどの授業について習っていたのかは、忘れてしまいましたが、「数学もうやめたいか」と聞いたことを覚えています。


そこから、私たちは小学校に戻って、数の勉強をしました。

私はとても楽しかったです。

多分私は、足すことがなんなのか 引くことがなんなのか
この辺でもうすでに躓いていたのかもしれません。


今日、この「 sin45°」に悩み、高校のプリントを見返しました。


もしかしたら私は、他の学校の人たちより数学を知らないかもしれない。
わからない記号もたくさんあります。
大学に入って始めて聞いたものもたくさんありました。
その都度悩んでしまうこともありました。
数学がネックになり、なりたかった夢も一つ諦めました。

そんな「数学」という名の「算数」という時間の中で、
少し数学を好きになれたのです。

そんな「数学」私に教えてくれた先生はこの数学が大好きな先生でした。
先生が最期の授業にくれたプリントには、数に対してのお話が書いてありました。
これをもらった時の私がどう感じていたのかは、もう覚えていません。


しかし、今これを読んだ私は、すごく泣きそうになりました。
それぐらい感動してしまいました。
数学という、私にとっては頭の痛くなるものでも、
数学を愛している先生の気持ちが何となく私にも伝わったような気がしました。

『数学は、人生をより楽しくするために考えられたもので、決して数によって不幸になってはならない』
『数』に悩まされていた私にとって、数があくまでも便利に生きるための手段としてあるのだと、、

この言葉を先生が考えたのか、その辺は知りませんが、
『数』を知ることは、幸せを感じられる道でもあるのかなと私は思いました。

posted by kororo at 23:09| Comment(0) | 思い出日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。